返済を滞りなく行っているのに信用度が上がらない!その要因は?

by on 2017-11-28

様々なローン契約をする際、信用度は重要な審査項目です。

スコアリング審査は、勤続年数が長くなったり、各項目の属性が変化すると信用度がアップします。

また、個人信用情報は金融事故を起こさない限り、マイナス評価になることも基本的にはありません。

しかしながら、他ローン契約を申し込みして、審査落ちすること、増額審査が否決される可能性として取引情報に残る返済が問題になり得ます。

現在では、最低返済額が決まっているカードローンは多く、これを問題なく返済すれば、信用度は下がりません。

しかし、最低限の返済は、信用度が現状維持されることに注意が必要です。

個人信用情報の取引情報から客観的に見ると返済の余裕がなく、最低返済額しか返済していないと判断が可能です。

そのため、信用度の上がらない人は、ダラダラと返済を継続していないか確認してみることをおすすめします。